NY Times (英字新聞) から英語を学ぶ「体内時計を駆使するマリモ 北海道阿寒湖」

NY Times Science から。北海道の阿寒湖に生息するマリモの研究を紹介しています。

 

The Mysterious Green Orbs That Float by Day and Sink at Night

Known in Japan as marimo, the unusual balls of algae seem to follow a biological clock that helps them pursue sunlight while underwater.

不思議な緑色の球体は昼に浮き夜に沈む

マリモとして日本で知られている特異な玉状の藻は、体内時計に従って、水の中に居ながら太陽の光を追いかける。

 

Moss balls, lake balls, Cladophora balls, marimo: Whatever you call them, they’re strange — and they’re beautiful.

苔の玉、湖の玉、クラドフォラ玉、マリモ:何と呼ぼうとも、奇妙な玉である。そして美しい。

 

These mysterious green orbs occupy cool lakes in the Northern Hemisphere in places like Scotland, Iceland and Ukraine. In Japan, they are a protected species and official national treasure.

この謎に満ちた緑の球体は、スコットランドや、アイスランド、ウクライナのような北半球の冷たい湖に住んでいる。日本では保護されていて、公式の天然記念物である。

 

Under certain conditions, marimo form when a type of algae bind together and roll in the currents in the bottom of shallow lakes, collecting in large colonies. Sometimes the orbs — which can grow to nearly a foot in diameter — rise to the surface during the day, and then sink back down at night.

特定の条件下で、藻の一種がくっ付き合い浅い湖の底で流れに沿って転がりマリモが形成され、やがて数が集まって大きな集団を作る。直径1フィート近くまで育つこの球体は、時に日中に水面まで上がり、そして夜に沈んで底へ戻る。

 

Carl Linnaeus first collected samples of these weird spheres in Sweden in 1753. But they weren’t called “marimo” until Takuya Kawakami, another botanist, found them along Lake Akan in Hokkaido, Japan, more than a century later. Now they are a protected national treasure, and every October (this year Oct. 8 to 10), Japan’s Ainu people host a festival in which they first welcome the marimo to Lake Akan, collect them and then return them in a sacred ceremony.

カール・リネアスが1753年に初めてこれらの奇妙な球体のサンプルを集めた。しかし、日本で 、もう一人の植物学者川上 瀧彌(かわかみ たきや)が北海道の阿寒湖で一世紀以上後に見つけるまで、マリモとは呼ばれなかった。現在は保護された天然記念物で、毎年10月に(ことしは、10月8日から10日)、日本のアイヌの人々がマリモを阿寒湖に迎えるお祭りをして、神聖な儀式の中で、マリモを集めてまた戻す。

 

“The rationale behind the work was a little whimsical,” Dr. Dodd said. “But in science sometimes you get interested in things, and if you have a chance, it’s worth pursuing them just to find out more about the world.”

(英国ブリストル大学のアントニー・ドド博士は、自分の研究室の学生が興味本位から始めた研究を評して言う。) “研究が始まった理由は、ちょっとした気まぐれからでした。” “しかし、科学では、時に何かに興味を持ち、そして機会があれば、世界をもっと知ろうと、ちょっと思いついたことでも追求してみる価値があるのです。”

 

語彙・語法・文法・説明

Mysterious 謎のある 謎に満ちた 不思議な    enigmatic 謎の  mystical 神秘的な   strange 奇妙な  magical 魔法のような 

Orb 球体 天体 円 = sphere    ball       orbit 軌道 circle 円 round 丸い

Float 浮く 浮かせる    Sink  沈む 沈ませる     rise 上がる drop 下がる

By day  昼に  by/at night 夜に

Be known as ~  として知られている = As known as ~ (A.K.A.)

Unusual 普通でない 

Algae 藻   moss 苔 seaweed  海苔 kelp 昆布

Follow a biological clock  体内時計に従う biological 生物の biology 生物学

Pursue ~  を追求する seek を求める

Underwater 水の中で 

Cladophora  クラドフォラ マリモの学名 https://www.kahaku.go.jp/special/past/bisyoso/ipix/mo/1/1_10a.html

Whatever you call them  それらを何と呼ぼうとも

Occupy ~  占拠する 住む

The Northern Hemisphere 北半球

Protect ~  を守る 

Species  種(しゅ) (単・複数形 共にspecies)

National treasure 国宝 天然記念物 

Under certain conditions 特定の条件下で

Form  形成する

Bind together くっつき合う つながり合う

Roll in the currents 流れに乗って転がる

In the bottom of the lake 湖の底の辺りで on the bottom 底で

Shallow 浅い

Collect 集まる・める

Colony 集団 グループ  定住地 植民地

Grow to a foot in diameter 直径1フィートまで成長する 

Foot フィート 1 foot = 約30cm    10 feet = 約3m

Diameter 直径   width / breadth 幅 

Nearly 殆ど = almost     roughly 大体

Weird 変な = strange

Takuya Kawakami  川上 瀧彌(かわかみ たきや)goo.gl/DGeXdv  

Botanist 植物学者 botany 植物学

Along Lake Akan  阿寒湖の渕辺で 

Host a festival お祭りを開催する  host a party パーティーを催す

Welcome ~  を迎え入れる

Return ~ を戻す

In a sacred ceremony 神聖な儀式で 

Rationale 計画や行動の理由 = reason

Whimsical 気まぐれの whim 気まぐれ  = caprice  fancy impulse

Get interested in things  何か物事に興味をもつ

Be worth ~ に値する

Just to find out more もっと見つける為だけに

The world 世界 世間

 

記事では、研究チームの代表であるドーラ・キャノ・ラミレス氏が彼女の買ったマリモを観察しているうちにマリモが泡を吹いて浮いているのを見つけて、研究を提案したとある。記事では、マリモは昼でなく朝に光合成をして泡を出して水面に昇り、光の量だけでなく体内時計によってパターンを繰り返しているとする。ひまわりと同じような現象だとする。

 

引用:2018/08/27 NY Times.com Brifing. The Mysterious Green Orbs That Float by Day and Sink at Night から抜粋。https://nyti.ms/2BKxrmo

 

 

共有・シェア 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *