(上級)「規範文法仮定法」と「記述文法仮定法」英文法シリーズ 英会話アルファジニアス

You need to know what’s really going to be most powerful in certain situations.

その時の状況によってどのような言い方が一番力を発揮するのかをしている必要があります。

 

Regardless of what is most common amongst native English speakers.

何がネイティブにとって一番一般であるかということに拘らず。

 

Why?

何故?

 

Because you are learning English for a reason.

何故ならあなたは理由があって英語を学んでいるからです。

 

Usually you are not studying English… just to learn the truth about what native English speakers say.

大概の場合は、あなたは単にネイティブスピーカーが何を言っているかを知る為に英語を勉強しているわけではありません。

 

No!

ノー!

 

You are studying English because you want to DO SOMETHING with English.

あなたは英語で何かをしたいから英語を学んでいるのです。

 

You want to succeed in English.

あなたは英語で成功したいのです。

 

Hi, so, right now, I want to talk about two very important concepts..

だから、ここで、2つの重要な概念を説明したいと思います。

 

Prescriptive Grammar and Descriptive Grammar

規範文法と記述文法です。

 

Ok, Let’s start by looking at a good example of the differences between

それらの違いを示すいい例をみてみましょう。

 

Prescriptive Grammar and Descriptive Grammar

規範文法と記述文法の違いです。

 

(Whiteboad)

If I was you, I would study English.

もし私があなたなら、英語を勉強するだろう。

 

Is that a correct English sentence?

これは正しい英語ですか?

 

Is there another way you could say it?

他にも別な言い方がありますか?

 

Yes there is another way you could say it.

はい、他にも別な言い方があります。

 

If I were you, I would study English.

もし、私があなただったら、英語を勉強するだろう。

 

A prescriptive grammarian would say, “Do not say “If I was you” ” for the 仮定法

規範文法学者は言うでしょう、“was を仮定法につかうな。” と。

 

“Was” is not 仮定法(Subjunctive) in this situation.

“Was はこの場合仮定法ではない。” と。

 

The prescriptive grammarian would say, “This is wrong.”

規範文法学者は言うでしょう、“これは間違いだ。” と。

 

Now, the descriptive grammarian would say, “Oh, no, no, no, no, no, no,…”

しかし、記述文法学者は “ノー、ノー、ノー、”

 

“Native English speakers say” “If I was you, I would study English.”

“ネイティブスピーカーは was  を使うよ。” と。

 

“They that a lot.”

“たくさん使うよ” と。

 

It comes down to the question of WHY ARE YOU GETTING OUR HELP?

ここで、何故学習者が英語の講師の助けを得るかということになります。

 

Is it our job to tell you in real life, English sounds like?

講師の役目は現実の世界で英語がどのように話されているかを教えることですか?

 

I guess that’s part of our job.

それも一つの役目だと思います。

 

And maybe that will help you.

学習者の助けになるでしょう。

 

But really, out job it to make you more powerful in English…

しかし、我々講師の役目は、あなたを英語の世界で力強くさせることです。

 

give you more opportunities in English.

英語の世界で沢山の機会を持ってもらう事です。

 

Our job is to prescribe for you.

我々の仕事は規範文法(処方的英語)を教えることです。

 

The English that is going to allow you to experience the most success.

それはあなたに最も大きな成功を収めていただくための英語です。

The truth is if you always form the present hypothetical conditional (仮定法現在)

実際は、あなたがいつも仮定法現在を話せば

 

… by using “were” and not by using “was”

つまり、“was” でなく ”were” を使えば、

 

Then Your English will be more impressive to people.

あなたの英語はとても良い印象を与えることになります。

 

And the answer is “Well what kind of people?”  well eh, I would say

あなたは聞くでしょう、“どのような人に対して良い印象をあたえるのか?”

 

Even people who often use the “if I was you” construction,

それは、was をしょっちゅう使うような人、

 

Even those people will be more impressed with your English if you say

そういう人でもあなたがif I were youと言うことによって“すごい”と思うでしょう。

 

“If I were you.”

 

That is a prescriptive answer.

これは規範的な答えです(あなたに対して)。

 

So, you actually need both.

結局、両方必要なのです。

 

You need to know what’s really going to be most powerful in certain situations.

その時の状況によってどのような言い方が一番力を発揮するのかをしている必要があります。

 

Regardless of what is most common amongst native English speakers.

何がネイティブにとって一番一般であるかということに拘らず。

 

Why?

何故?

 

Because you are learning English for a reason.

何故ならあなたは理由があって英語を学んでいるからです。

 

Usually you are not studying English… just to learn the truth about what native English speakers say.

大概の場合は、あなたは単にネイティブスピーカーが何を言っているかを知る為に英語を勉強しているわけではありません。

 

No!

ノー!

 

You are studying English because you want to DO SOMETHING with English.

あなたは英語で何かをしたいから英語を学んでいるのです。

 

You want to succeed in English.

あなたは英語で成功したいのです。

 

So part of what you are asking for is a PRESCRIPTION

だから、規範的文法を学ぶけきなのです。

 

To benefit youwe also need to speak with you in PRESCRIPTIVE terms

それから、学習者の為には、講師は規範的文法で話すべきなのです。

 

about what effective English is

どのような英語が効果的であるかを

 

what kind of English is going to allow you to experience success.

どのような英語があなたを成功へ導くかを

 

I hope that’s helpful.

あなたの英語学習の手助けになればと思います。

 

And welcome aboard.

英語学習の世界へようこそ。

 

 

共有・シェア 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *