英文法「仮定法 条件節 If節」Subjunctive Conditionals ミニ英文法シリーズ(英会話アルファジニアス)

 

If I wanted Sushi, I would eat Sushi.

もし寿司が欲しければ、私は寿司を食べます。

 

If I had wanted Sushi, I would have eaten Sushi.

もし、寿司が欲しかったのなら、寿司を食べていました。

 

I would have eaten Sushi.

寿司を食べていました。

 

Can you hear the difference?

違いが聞き取れますか?

 

Hi, my name is Peter Ackerly, the founder and CEO of AlphaGENIUS.

ピーター・アッカリーです。英会話アルファジニアスの代表です。

 

If I wanted Sushi, I would eat Sushi.

もし寿司が欲しければ、私は寿司を食べます。

 

Some Japanese English teachers call this, “仮定法 現在(今)”

日本では仮定法現在とも表すかと思います。

 

I think that’s a pretty good way to refer to it.

なかなか良い言い方だと思います。

 

It’s if + 過去形

 

Would + 原形

 

Do not confuse with 仮定法過去(昔)

仮定法過去と間違わないように気をつけてください。

 

If I had wanted Sushi, I would have eaten Sushi.

寿司が欲しかったなら、私は寿司を食べていたであろう。

 

It’s if +  過去完了形

 

Would + 現在完了形

 

If you are having problems with it,

もし難し過ぎると感じるなら、

 

It’s not because you don’t know the grammar.

それは、あなたが文法を知らないからではありません。

 

The problem is you need to condition your ear.

問題は、あなたの耳が慣れていないからです。

 

You need to hear it better.

沢山聴く必要があります。

 

If I wanted Sushi, I would eat Sushi.

もし寿司が欲しければ、私は寿司を食べます。

 

If I had wanted Sushi, I would have eaten Sushi.

もし、寿司が欲しかったのであれば、寿司を食べていたであろう。

 

Welcome aboard!

英語学習の世界へようこそ!

 

 

共有・シェア 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *